猫草は自分で種から育てることで安心節約

猫草は自分で種から育てることで安心節約

ネコ草は 燕麦(えんばく)か大麦

 

ネコ草という名称でネコが食べる草を売っていますが、本来「猫草」という正式名称の草は存在しません。

 


猫がよく食べるネコ草として売られている種は、ほとんどが『えん麦(燕麦・・・エンバク)』『大麦』なのです。

 

ネコはイネ科の植物などで先がとがった柔らかいもの(植物)なら何でも食べるようですね。同じ草を犬も食べますが、犬の場合は外へ散歩に出るので、わざわざえん麦を育てなくても雑草を食べることができます。

 

室内だけで飼ってる猫は食べることができないので、育てたねこ草を食べさせることで、グルーミングで食べてしまった毛を吐かせ、体の調整をさせることができます。

 

愛犬のパルも散歩の時、先のとがった草をよく食べます。とがった草を食べることで、食べた草が胃壁を刺激して吐くと言われています。そうやって吐いて調整できるようにできているのですね。

 

猫草節約ポイント 猫草は種から買って育てると節約できます!

 

猫草は、自分で種から買って育てるとかなり安く作ることができます。
私も猫草の種の袋と土を買って、種まきから自分でして育てています。

 

多頭飼いをしている方や猫草大好きな猫ちゃんを飼っている人は、次々に作らなくてはいけないので大変ですが、数個を作り、食べている間に次の鉢を育てて、上手に回すとラクにできます。すぐ食べてしまうので、作るのに忙しいのが難点ですね。

 

ネコ草材料費 一鉢14円!?

 

 

 

写真のねこ草の種は私が始めて猫草を育ててみようと買った時のもの。200グラム入りで 298円 (税込) でした。 土は園芸用として買ったものがあったのでそれを使いましたが、室内に置く場合は園芸用の土より 「パーミキュライト」 などがいいでしょう。

 

猫草栽培 種まき

土は一袋で(25リットル、398円)、小さな鉢でいいなら50鉢程度軽く作れそうです。

 

つまり!
一鉢 14円程度で作れるってことですよね!

 

種と土がセットになって売っている猫草栽培セットで、安くても150円程度しますが、ネコ草は自分で種と土を別々に買って育てると、セットで売っているのを買うよりず〜〜っと安く作ることができます。

 

ぜひ種と土をバラで買って育ててみくださいね。 ⇒ 種から育てる「猫草の種」

 

ネコ草を自分で育てるなら安心も一緒に育てたい

 

ねこ草を育てるようになってからずっと種や土の安全性が気になっていたので、その後、ねこ達にに安心してあげられるように有機栽培で作った種を使うようになりました。

 

現在使っているのは「猫草ニャッパの種と土セット」

 

直営店だけで買える、お得で安全なセットを購入しています。
※「猫草ニャッパの種と土セット」はニャッパの直営店でしか買えないそうです。

 

高品質安全安心の大麦の猫草は北海道産で、
30回分大袋入り、種750g、土8リットル、コットンまで30枚(笑)、かぶせ土が30回分入っていました。

 

丁寧な包装ですね。ここまでいたれりつくせりじゃなくてもいいですが・・(^^ゞ。

 

そしてこれはニャッパの種。
 
猫草は猫が飲み込んだ毛を吐き出すための必需品として考えています。

 

ニャッパの種は、ペットのお腹に入る食べ物だから安全安心を最優先し、ネコ草用として安全な有機栽培の大麦の種です。安心して猫に食べさせてあげられるものを、と思って探してみました。

 

気に入ったのは、化学肥料は一切使用してない土で、必要な有機質肥料は、独自に製造した無臭微細状完熟堆肥を使って育てた種だと言うこと。

 

人間からしたらわずかな有害物でも、小さな猫にとって大きな害になるのです。

 

わずかな有害物が、小さな命には命取りになるということ

 

子供が小さい頃にキアゲハの幼虫を見つけて、一緒に育てたことがあります。

 

エサの人参の葉や三つ葉が足りなくて、スーパーで買った三つ葉をあげたら一晩で7匹全滅してしまいました。キアゲハにはとてもかわいそうなことをしてしまいました。

 

人間には害がないほどのわずかな農薬でも、数枚の葉を食べただけでキアゲハが7匹全滅してしまうほど有害であったということですね。

 

キアゲハと猫はまた大きさも違いますが、

 

「小さな生き物にはほんのわずかな有害物も命取りになる」

 

ということを意識するきっかけとなりました。

 

 

猫草を育てるなら種や土の安全も考えたい

 

小さな事件かもしれませんが、そんなことが有害物への意識を持つきっかけとなって、『種も土も安全な物』を使うようにしています。

 

ニャッパの土

さて、前述の「猫草ニャッパの種と土セット」の続きです。

 

入っていた土はバーミキュライト、8リットル。

 

厳重チェックにより、農薬、有害物質を完全排除し、国のペットフード安全法を遵守して作られているそうです。
有害物、無検出とのこと。なので安心して猫草の土として使えますね。

 

バーミキュライトのこの土は、猫草を育てて食べたあとは、根を取ればまた使えるそうです。使い回しできるので、種だけ買えば何度も使えるってことですね。ちょっと面倒なのでそこまでやるかはともかく、何度も使えば節約はできそうです。

 

⇒ 猫草ニャッパの育て方

 

 

 

◆このページで紹介したペット用品とお店◆

 

⇒ ニャッパが買えるニャッパ直営店

 

 

⇒ 犬猫ノミ・ダニ、フィラリアの薬が買えるうさパラ

 

⇒ ペットのジェネリックも 5%引き クーポン使えます

 

ペットの薬と病院代を節約しよう トップ

 

 

 

 

 

ペット(犬猫)の薬と病院代を節約しよう・・・ホーム 病院嫌いなペットの動物病院通い 心の負担を減らしたい・・・動物病院代と薬を節約した方法 ペットの医療費は、予防医療費と、治療医療費に分けて考える・・・ペットにかかる予防医療費を安くする フィラリア予防薬やダニノミ予防薬を節約・・・個人輸入(代行業)への注文のしかた

 

 

注意事項も。すでにフィラリアになっている猫は?・・・フィラリアとフィラリア症予防薬 マダニ媒介新型ウイルス予防対策・・・マダニ駆除に効果的なのは? 維持費が安く掃除と管理が楽で手間があまりかからない猫のトイレ・・・節約猫のトイレ 大事なペットが食べる餌。安心できるものをちょっとだけ節約・・・キャットフード・ドッグフードも節約

こちらのページもよく読まれています

猫のトイレもなるべく節約しよう
維持費(お金)が安くすむ上に掃除と管理が楽で手間があまりかからないこと。そんなことを意識して探した猫のトイレの組み合わせの紹介。
キャットフード・ドッグフードも節約
病院代と薬代以外にも必要な「キャットフード、ドッグフード」にかかるお金はかなり大きいです。毎日必要なエサ代、ペットフードの節約法。
猫の爪とぎも節約
猫の爪とぎも節約できた方法を伝えします。
 
トップ ペットの病院嫌い対策 薬代を節約した方法 フィラリア予防と注意点 ペットのマダニ対策 フード・トイレその他